FC2ブログ

武田一門

緊縛・それは、凌ぎ合いの中での美しさ。

お知らせ


***このページは常に最初に表示されます。【最新の更新】は次項からです***


此処「武田一門」のブログは出来るだけ「武田緊縛塾」塾生や
一門弟子達の画像等を、時折にはなりますが、UPしていこうと思っております。


メールはこちらからどうぞ

PCメール

Yukari.jpg

Model: 紫
Ropes & photo:T・Ryuji

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

武田緊縛塾
当方の「武田緊縛塾」は事前の予約が必要です(有料)
詳しくはメールでお問い合わせください。

あくまで個人緊縛講習になりますので、単独男性及び単独女性での
予約はできません。
カップル様、及びご夫婦様お二人での講習になります。

見学のみの参加もお断りしております
縄の貸出はしておりませんので、縄はご持参ください

尚、単独男性、及び単独女性の緊縛依頼もお断りしております。
緊縛依頼の場合、友人もしくはパートナー様、同席での予約を、お願い致します。

「基本的に撮影及び撮影機材等の持ち込みや、撮影は禁止させていただきます」

※尚、予約キャンセルの場合は予約日の2日前迄に必ず、ご連絡願います。



  1. 2025/12/31(水) 23:59:59|
  2. 緊縛画像

目覚めの珈琲

夜明けの眩しさに目が覚める
今日は休日、心地よい目覚めだw

おもむろに起き上がり、洗顔、そしてお湯を沸かし珈琲を淹れる準備
(さて、今朝はどんな珈琲にしようか・・・)
今朝は軽くて華やかな珈琲の気分
ミルで豆を挽く、珈琲の香りが部屋に流れる
淹れて行く、規定量までお湯を注ぎ、珈琲の滴がカップに落ちていくのを、覗いている

先ずは香りを楽しみ、おもむろに煙草に火を点けた
そして少し冷めただろうカップに口をつける

ォォォ・・・美味しい、、、そして華やかだ
ほんのり残るフレーバーは甘くて優しい
ゆっくりと、ごくごくゆっくりと、体も頭も目覚めていく
他人からみれば、何てことも無い、事だろうw

しかし私はこの些細な時間と小さな幸せを全身に感じる、大切な時間なんだよ

特に、美味しい珈琲が淹れられた時、そしてやめようとも思わない煙草の煙と
一緒の時
幸せであるw

2020-07-03-08-43-43-667.jpg



  1. 2020/07/19(日) 09:29:53|
  2. 生活
  3. | コメント:0

レシピ?メッソッド?

珈琲に親しんで、結構な時間を過ごしてきた
現状、珈琲タイム?と言う時間が自分的に一番気持ちもゆったり出来る時間だと言う事は
間違いない
ただ、時々思うことが有る、それはもっと美味しく淹れられる方法は無いかな?と思う事w
現状満足はしているのだが、(もっと)と思うのはただの自我的な我儘か?ww

時折動画配信されていたり、文章で記載されたメソッドとかレシピとかを拝見すると
良いかも知れないと、試してみたくなる・・・のだが
それぞれの考え方や方法が異なっているのは理解するのだが
「蒸らしを入れる」とか「蒸らしはいらない」とか、その時間は10秒から1分等、さまざまだ
珈琲を始めたばかりの方には、迷うところだろう
淹れ方等に、決まりごとは無いと自分は思っているので、何方の方法であれ構わないとは
思うのだが・・・
始めに結論を言えば「自分が美味しい!」と感じればそれで良いのだと考えて居る
日本のバリスタチャンピオンであれ世界一と言われる方であれ、その方々の淹れた珈琲に
全ての珈琲好きな方々全てが美味しいと感じればそれで良いのだが、そうとも言えないのが
不思議であり又、好みであり、珈琲の一つの魅力でもあるのだから

ただ、思うのだが、淹れるお湯の温度は〇〇度、とか珈琲の粒度は、どれくらいとか
粉の量は〇〇gとか、それぞれに異なるのが、初心者は惑わされるだろう
最初にお湯を〇〇g入れ、〇〇秒待ち二投目は〇〇秒で〇〇gのお湯を入れ
〇〇秒待って・・・・・とかwww
事細かく伝えようとしているのは理解できるのだが、何か・・・(違うよな~)って気分が私にはしてしまうw
あくまでも嗜好品なので、個人の好きで良いし、レシピを真似るのも良いとは思うけど
そこまで事細かく伝えるのであれば、焙煎度でも粒度でも変わるだろうし豆の種類でも変わる事も
同時に伝えて欲しいかも?と思ったりもする
(浅煎り)や(深煎り)でも変わるし、特に「豆の固さ」や(ニュークロップ)や(オールドクロップ)
(豆の大きさ)等でも当然、変わると私自身思っているからに過ぎない

珈琲好きな方ならご理解頂けると思うが、焙煎一つとっても、煎り方で珈琲の味は変わる
短時間で煎る方、長時間かける方、いろんな焙煎方法もあるので、それにより抽出方法も
異なるのが、当然だと考えるのだが如何だろう?
「たかが珈琲・されど珈琲」と言ったところか・・・
個人的には長時間かけ焙煎された豆は香りも味も抜けたような輪郭の無い味気ない珈琲になり
好みでは無い
どんな焙煎度合であれ、15分以上を掛けるべきでは無いだろうと感じている
(あくまでも個人的意見です)焙煎機の大きさや煎る豆の量が多くなれば時間も多少は長くなると思います
ですが、お店をやっている訳でも無い、ましてプロと言われている方でもない
いわば、素人の少量の豆でやる、お遊び焙煎
それでいて、温度が何度で、どうたらこうたら言ってるわりには、長時間焙煎とかwww
動画などをみていると、やれ20分だの30分だのの時間を掛け焙煎している方々も居るのが現状
正直「そんな美味くない珈琲になる焙煎方法をよくも悪くも動画でUPするよな」とは思うが・・・

結論は、たくさんいろんな方の淹れた珈琲などを飲んでみることだと思うし
自分が美味しいと思える方法が一番なのです

ある動画で手回しの網状の焙煎機?とは呼べないとは思うが
それを使用し焙煎して(美味しく焼き上がった)と言ってるわりには
自分への褒美として、美味しいカフェに行く、とか言ってる方もいる
正直と言えば正直だと思うし、手回し網状のその器具では、美味しい焙煎は出来ないと
言ってると同じでもある訳ですねw

ならば、そのような動画は、(あくまで趣味で、あまり美味しくは煎れないけど)みたいな
但し書き的な言葉も欲しいよね
見るだけ時間の無駄だしwww
まあ、それも登録者ふやして、〇儲け的な思考からかもしれないので、それをとやかくも言わないが

結局あくまで嗜好品なので、自分が美味しく感じればそれで良い、って位の
軽い気持ちで楽しんで欲しいと考えてります。

久々に長くなりました。申し訳ない。




  1. 2020/07/15(水) 04:52:54|
  2. 珈琲
  3. | コメント:0

Angelina Jordanと言う少女

わずか13歳と言う少女が歌うクイーンのBohemian Rhapsody
何だろう、泣けてくる
13歳と言う若さで、どんな苦難を経験したのかと思えるような感覚を受けた
簡単に言えば(私の心を少女の歌は吹き飛ばした)のです
テクニック? 確かにそれも必要だろうし少女はそれを学び受け取り自分の物にしたのだろう
もはや、このBohemian Rhapsodyは少女自身のオリジナルにさえ感じるのだが
そこにクイーンの幻想さえうかがい知れる程の空気感がある

私は珈琲の事や好きな歌の事を略UPしているのだが
珈琲はあくまで趣味w
なので好き勝手書いてるし、美味しければ、それで良しと言う感覚だ

好きな歌では、感情や表現、曲を受け取る感覚、としてUPしている
その裏側も重ね、交え、縛りとの感情を感じれるのでは無いかと・・・
これ以上記載するのはやめよう
でないと、これを見て(我が言葉)のように語る「輩」が居るのでw

兎に角、是非少女の歌を聴き、感じて欲しい。







  1. 2020/07/05(日) 08:15:56|
  2. 好きな歌
  3. | コメント:0

縛りは感情

これは、あくまでも私の考えに過ぎない事を始めに言っておきますので
気分を害される事もあるやも知れません事を最初にお詫びしておきます

こと、縛りにかんして私が思うのは、縛りは縛り手と受け手の感情でしか無いと思っております
それが、ぶつかり合いであれ、寄り添いであれ、互いの感情同士の凌ぎ合いだと考えております

それがショーとかになれば、そこにパフォーマンスと言われているモノも必要になるでしょうし
演出や演技等も必要になってくるのかも知れません
言葉を変えれば、ただの見世物にもなりかねません

正直、今は、この見世物の縛りのショーが殆どで、それを良しとする方も多数と言うか
略全てと感じております
稀に、爆発するような感情を受け取れるモノが無いとは言いませんが・・・

あくまでもショーであり、見世物であるモノが多いのも隠せるものでもありませんし
見る側は、琴線上で自分の感じる方向の目で見るものですので、それを責める気もありませんが

ただ、残念な事に、(このようにすれば、客は喜ぶ)と考えて居る縛り手や受け手が居るのも事実ですし
それを求める観客?も多い事です
パフォーマンスであれば、客席の度肝を抜く程のパフォーマンス等皆無と言っても良いのではないでしょうか
見てるだけで感情輸入が出来、涙を流してしまう程のショーを生憎私は拝見したことが無いから、そう思えるのかも知れませんが

縛り手にしろ、受け手にしろ、その日、その時の気分や体調もあり、無論感情も変わるものです
そこにショーのムラを少なくする意味での演出や打ち合わせが必要に考えて居るのかも知れません
それはそれで、少なからずご苦労もあるのでしょう
時には、ショーで流す音源さえも、他人に編集作成させてる、、、なんて方もいますが
まあ、口は悪いが、そのような方は最初から論外ですけどね
そんな方々も居るので、私はそのようなショー等は見たくないな、と思ってしまうのです

その時、その瞬間を大切にしたい、その時の感情を大事に思いたい
その思いを心に刻みたい、音源なんてもんは無くても構わない、そのように考えます

なので、(縛って欲しい)と言われれば断る事は今までしてこなかった
今は違います
自分が大切に思える方でなければ、縄を取る事を避けるようになったのです
見世物や軽率な考えの元での縛りは、私には必要ないからです
自分の大切な方しか縛らないし縛る気持ちも無い
多分今後もこのままでしょうし、今後縄を握る事は無くなってしまうかも知れません

もし、今後縄を取る事があるとすれば、、、この思いを胸に、心に刻みながら一時の時間を
大切にしたいとおもいます
たとえそれが、一瞬の時間だとしてもです。
所詮、縛りなんぞはただのエロ事と考える時期もありましたし
僅かながら、そんな邪では無い意味での気持ちもあります
今言えるのは、縛りは互いの凌ぎ合い、そして(愛)です。
今はそのようにしか思えなくなっています。
だからこそ、駆け引きの無い凌ぎ合いが出来るし、それが一瞬の時間でも構わないと思えるのです。

まっ!この先、そのように思えれるのかどうか、自分でも謎ですけどね(^^;





  1. 2020/07/05(日) 08:01:36|
  2. 縄談義
  3. | コメント:0
次のページ